手術後の生活での注意点は?

手術を受けたあと、心配されるのが日常生活を送る上での注意点です。

術後、24時間というのは、切開した角膜上皮がまだ完全にくっついていないために、フラップの状態が不安定になっています。

ですので、術後の24時間というのがもっとも安静にしたいところといえます。たいてい、翌日に検診がありますので、その検診が終わるまで、洗顔、シャワーもしないようにする必要があります。

また、目の周りに刺激を与えたり、目の中に異物がはいるのを防ぐために、アイメイクも術後1ヶ月ほどはやめるか、ほどこしても、軽目に抑えておくことも必要です。

接触を伴うような激しいスポーツをされる方の場合ですが、練習をそれほど休むわけにはいかない、ということもあるでしょう。その場合、いつからスポーツをしてもよいのか、その許可は、医師の見解によってまちまちです。とはいっても、視力が安定している状態であれば、術後1週間ほどで、練習などを再開してもよい、という許可が降りることが多いと思われます。

しかしながら、接触はしなくても、水が目に入るようなもの、たとえば水泳などですとしばらくはやめておいたほうがいいと言われると思います。

また、運動のみならず、目を酷使するようなパソコンの使用もしばらくは控えたほうがいいかもしれません。

ただ、ジョギングなどの接触がない、比較的軽い運動であれば、フラップが安定する24時間後から、可能だとする医師が大半のようです。

レーシックは痛みもなく、比較的に簡単にできる手術のせいか、無理をしてしまう方がいらっしゃいます。大事な目のことですので、医師に言われた注意事項は守るようにしましょう。