レーシックが受けられない人

レーシックは安全で、短時間で手術が済むことから、手術を受けたいという希望を持っている人は多いでしょう。

レーシックの手術をもう一度簡単に説明しておきましょう。

それは、目の角膜の実質部分を削り、その屈折力を変化させる、というのがレーシックです。削り方が大きくなればなるほど、その矯正力は大きくなります。そのため、角膜がもともと薄い人にとっては、術後の角膜の強度に多少にかかわらず、不安が生じてきます。その不安のリスクを回避するためにも、あまり深い削り方、つまり、大きい矯正はできません。

一方、角膜が薄くなって、その中心部分が突出してしまう「円錐角膜」という疾患を持つ人は、手術を受けられないということも知っておきましょう。

そういった目の疾患ばかりでなく、たとえば、高血圧、糖尿病、リューマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病、妊娠中という方も、レーシックの手術を受けることができない場合があります。

なぜかというと、角膜が治癒するまでの間、健康な人とくらべた場合、難しい状態を引き起こされることが懸念されるからです。

目には関係ないだろう・・と自己申請せず、だまって手術を受けてしまった場合、金銭的にも身体的にも、その代償を払わなければならなくなるのは、ほかでもない自分です。

どんな些細な病歴でも、医師に相談することが大切です。術前の検査では、病歴を書く欄があるはずですから、もれなく記入しておきましょう。

また投薬中の薬をあらかじめ申し出ておくことも大事です。ピル、気管支拡張剤にいたるまで、医師に伝えておきましょう。