レーシック成功の定義

「レーシックを受けてよかった」「手術を受けて正解だった」と言えるのは、いったいどういう状態のことを言うのでしょうか。「成功」と言えるのは、何をもってすればよいのでしょうか。

レーシックを受ける方の理由としては、色々だと思います。何を改善したいのか、という目的が大事といえるでしょう。それもなく、ただ漠然とレーシックを受けるよりは、「デスクワークが多いから、少し弱い目の矯正がいい」という設定もありえます。

というのは、デスクワークというのは長時間近くを見続けなければなりません。そのため、あまりに強い矯正よりは、弱い目のほうが「本人にとって」都合がよいわけです。それが「成功」だと言えるのです。

また反対に遠くが見えたほうがいい、という方もいらっしゃるでしょう。たとえば、スポーツをしている人であれば、遠くがよく見えたほうがいい場合もあります。また、乱視や白内障で困っているのであれば、「乱視がとれる」「白内障を改善する」という目的をはっきりさせておくと、いいと思います。

そのため、レーシックを受けたいという場合には、「何がもっとも困っているのか」を明確に洗い出すことが必要です。ただ漠然と、見えるようになりたい、だけでは、何をもって成功だとするのかが医師にもわかりにくくなってしまいますので、医師側としてもアドバイスのしようがなくなってしまう可能性もあります。

そういった自分の目的をできるだけ明確にしてから、医師との相談にのぞむとより建設的な話ができることでしょう。