レーシックに関する誤解

レーシックを受けると格段に視力が改善される・・と思っていらっしゃる方も少なからずいらっしゃるでしょう。ここで、レーシックについて正しい知識を持っていただくために、従来の眼鏡やコンタクトレンズとの関連性をお話していきましょう。

さて、レーシックという手術について今一度、特徴をあげていきましょう。

まず最初に確認いただきたいこととしては、「レーシックは、目の性能をアップさせるためのものではない」ということです。

レーシックの手術で何をするのか、といいますと、「角膜の屈折力を変える」という手術なのです。 眼鏡、コンタクトレンズを使用していて、「疲れやすい」「頭痛がする」「ドライアイになる」といった不調を感じている方、いらっしゃると思います。こういう不快な症状から早く開放されたい、という理由でレーシックを希望される方も多いでしょう。

ただ、こういった不快な症状の理由には「自分に必要な視力と矯正度数の間に差がある」ということが挙げられます。ですから、現在の矯正度数を見直すことで、その不快症状の大部分が解消されることも多いといいます。

このような事実を頭にいれた上で、それでもなお、「毎日のケアがわずらわしい」「眼鏡やコンタクトレンズを使用できない状態にある」という状況であるなら、「レーシック」という選択肢を入れてもいいのではないでしょうか。

つまり、「レーシックがすべてを解消してくれる」という幻想を持って手術を受けてしまい、あとから「こんなはずではなかった」という後悔をしないためにも、正しい認識を持つことは必要な準備だと思います。