自分はレーシックに向いている?

レーシックの手術を受けたことで、状態が悪化してしまったり後遺症が残ってしまったりすることがあるのは事実です(ずさんな病院がニュースで取り上げられましたね)。しかし、それはもともと、レーシックという近視矯正法に合った目の状態であったかどうか、を確認する必要があります。

逆をいえば、レーシックに合った目の状態ではないのに、手術を勧めるような病院、クリニックは敬遠したほうがよいともいえますので、セカンドオピニオン、つまり一つの病院やクリニックだけではなくて、複数で受診されて確かめられるとよいかと思います。

そのためには、やはり評判というものも大事であると言えると思います。何でも評判に左右されるのは・・と思うかもしれませんが、評判もひとつの指針として捉えて、より良い病院やクリニックを見つける手立てにされるのがよいかと思います。

それに加え、自分の今の目の状態や仕事内容がレーシック手術に向いているのかどうか、というチェックも重要なポイントになります。

たとえば、夜間の運転を余儀なくされるお仕事の場合、レーシック術後に夜間の視力が低下する場合があるようですので、熟慮のうえ手術を受けるかどうかの判断をしましょう。

デスクワークや細かい作業の多い方の場合ですと、レーシック術後にまた近視に戻る可能性がありますので、担当医との相談が必要です。また、現在服用中の薬によっては、レーシック手術が受けられない場合があります。必ず、担当医に相談し、不要な医療事故を不正でいきたいものですね。